和風スタイル

HOMEインテリアスタイル和風スタイル


(↑画像クリックで、ジャパニーズモダン家具がご覧頂けます)



上の写真では少しイメージ違いますが、以前の日本の民家では畳の部屋にちゃぶ台やコタツ等をおいて床に座るといったスタイルが当たり前でした。

実際私の実家もこの床座スタイルです。

ですが最近で言う和風モダン(ジャパニーズモダン)とは、ご存知のように上に書いたような床座のスタイルを指すものではありません。


主には、


木そのものの色合いと素材感を重視した民芸風
・古民具や伝統的な和家具を中心に、藍染めの布製品やかすり柄・和風骨董などを用いて昔ながらの家のような落ち着ける雰囲気を演出。
・椅子やソファーは床座を意識したロータイプを採用したほうが良い雰囲気に。


現代人の暮らし方に合わせた近代的な和風モダン
・天井や壁など、部屋のつくりや建具などに伝統的な日本の工法などを用いる。
・インテリアは和のデザインに縛られる必要はなく、現代感覚で今の時代の人それぞれがオリジナルの感覚で配置するとお洒落に。
・ただしあまり「和洋折衷」になると、空間全体の雰囲気が壊れるので、注意が必要。

と大きくはこの二つのスタイルに分けられます。


少しアプローチ方法が違う二つのスタイルですが、共通して言える事は

・家具は木の質感が最重要で、斬新で奇抜なデザインの物を使用すると散らかった印象になるので注意。
モダン家具(直線的でシンプルな物)とカーテン(和風柄や和紙調スクリーン)などで和風とモダンスタイルの演出部分を調整しながら 和洋を調和させる

と言った、あくまでも和を意識しながらのコーディネイトがベースにあると言う事です。


古くから日本では「余白の美」を大切にしてきたそうです。

ですのでこれを念頭に置いて、

・飾り付けすぎない事
・小物を置きすぎない事
・空間を大切にする事
・華美な装飾はしない事



と言った「空間」を大切にした、ゆとりのある配置を目指す事が和風スタイルを目指す上でとても重要だと思います。

単に和風の建具や小物・カーテン類などを多様すればいいというような、単純なものではないと言う事ですネ。




page top↑


HOMEインテリアスタイル和風スタイル
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO