アジアンスタイル

HOMEインテリアスタイルアジアンスタイル


(↑画像クリックで、アジアン家具がご覧頂けます)



一言でアジアンスタイルと言ってもそのスタイルは様々です。

タイ・インドネシア・インド・・・・・そして日本!!

色んな国があるんですから当然のことです。

あえて言い表すなら各国の伝統的な民芸家具や織物、アクセサリーや小物などでまとめられたスタイルと言ったところでしょうか!?

バンブーや藤などの自然素材を使った家具をメインにしたコーディネイトが良く知られていますよネ。


家具・敷物(ラグやキリム)・アクセサリーや小物類など、室内の素材や色調を出来る限り揃える事で統一感のある空間を創ることができます。

ただしアジアンスタイルの家具などは基本的に濃い目の色合いの物が多いので、一箇所にまとまって配置してしまうとかなり重たい印象の部屋になってしまいます。

麻やバンブーのベージュ系の空間を引き締めるような配置で、濃い色の家具や飾りを配置することがポイントです。


更に雰囲気をアップさせたいのなら、ハンガーにイカットをディスプレイしたり、敷物でアジアンスタイルを作るのもオススメ!!

「日常を忘れ、リゾートホテルの一室にいるようなくつろぎの空間」

これこそがアジアンスタイルの重要なテーマだと思いますので、全体的にゆったりとしたスペースで家具を配置して気に入った物でもゴチャつくようなら置かないって勇気も必要かもしれませんね。


まだまだアジアンスタイルについて知りたい!ってあなたには、 こちら をお勧め!

沢山の個性的なインテリアを見る事で、自分らしい・好みのアジアンスタイルが見付かるはずです。

ぜひ参考にしてくださいね。


イカット[ikat]
糸をくくり染色してから織っていく、マレーシア・インドネシアなどの織物の事を言う。
マレー語で「くくる」「しばる」やインドネシア語で「かすり」の意味があるが、現在ではかすり織物全体を指す言葉として世界各国で使われている。
キリム[kilim]
縦に張ってある糸に横糸を交わらせる様にして模様を織る平織りの織物の事を言う(語源はトルコ語で、近隣国ではケレム・ギリムなどの発音でも呼ばれている)。
イラン・トルコ・アフガニスタンのかけての地域が世界最大のキリム生産国で、素材はウールが主流。




page top↑


HOMEインテリアスタイルアジアンスタイル
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO