カーテン

HOME設備など>カーテン


カーテン1


カーテン2

ちょうどカーテンを決める時期に新発売されたと言う、あまり見かけたことのないレールを選んでみました。

アルミ素材をベースにしていて、その上にウォルナット風な木目が入っています。
ウッドタイプの物でも良かったのですが、家電製品や照明器具にワンポイントでシルバーが入っているものが多いのでレールにも少しシルバーを入れてコーディネイトしてみました。

カーテン3 

リビング腰窓のプレーンシェードです。

リビングはウォルナットの家具を引き立たせる為、比較的シンプルな物を選びました。
ベージュ系の色で少し和風な感じです。
畳コーナーのクロスと合わせる感じで選びました。
レースは付けていませんが、実際生活してみるとあったほうが良かったかなーとも思います。

カーテン4


カーテン5 

ニチベイ製プリーツスクリーンです。

一面を予算の関係でシングルにしましたが、これも生活してみるとダブルの方が良かったです。
暑くなって来て分かったのですが、レースを付けていないので昼間開けていると直射日光が部屋の中に入ってきます。
当然室温は上がりますし、畳やフローリングが焼けてしまうかもしれません。
もしプリーツスクリーンを付ける予定なのでしたら、ある程度予算がかかってもダブルタイプが良いと思います。

カーテン6


カーテン7 

子供部屋は、男の子・女の子どちらでもいい様なものを選びました。

2階のカーテンには予算をあまり掛けたくなかったのもありますし、将来それぞれの趣味で取り替えられてしまうでしょうし・・・
家具類をどんな色のものを持ってきても合うようにシンプルな 、あまり派手にならない物を選んだつもりです。

ちなみに写真下のプレーンシェードは娘の部屋のみに付けてあり、息子の部屋は普通の腰窓のみとなっています。

カーテン8


カーテン9 

寝室は床・天井ともにダークブラウン色なのですが、 ここのカーテンはかなり悩みました。

部屋自体がかなり暗めなので、明るい色か暗い色か中々決められませんでした。
ですが最終的に、
「ここまで暗くしたんだからカーテンも暗い色でいってしまえ!!」
と半ば一か八かでこの色に決断。
結果的には、いい雰囲気でかなり気に入っています。

カーテン10


カーテン11 

書斎は寝室と隣接していて、窓はここしかありません。

寝室と同じくプレーンシェードにして統一感を出そうかと悩みましたが、あえてここだけブラインドにしました。
木製でもよかったのですが色合いが気に入るものがなかったのと、予算が合わなかったためにこのタイプになりました。

結果同じ室内でありながら、ここだけ少し特別な部屋のようになって私自身は大満足です!

 

豆知識 ↓

豆知識1


豆知識2 

プレーンシェード・プリーツスクリーンには引っ張る部分が二種類あるそうです。
写真上がひもで、下がチェーンです。

チェーンのほうが少し割高なんですが、頻繁に開け閉めするような場所にひものタイプをつけると上のリール部分(メカと呼ぶらしいです)が壊れやすいそうです。
実際使ってみても、確かにひものタイプは少し頼りない感じ。
費用が少し上がってもチェーンタイプにされることをお勧めします。






page top↑


HOME設備など>カーテン                                                       
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO